インプラント

 虫歯や歯周病、外傷によって歯を失うことがあります。またヒトによっては先天的に歯が無い場合があります。そのような歯が無い部位の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め、その上に本物そっくりの歯をつけていく治療方法がインプラント治療です。

インプラントの費用について

一般にインプラント治療は、健康保険適用外のため高額になりがちです。
少しでも安い方がいいとお考えの方が多いと思います。
しかしインプラントと一口に言っても、自動車同様に軽自動車から高級外車のように様々なメーカーや製品が存在するのです。
私がかつて経験したのは、他院で施術したインプラントの歯(上部構造)を交換したいという患者さまがお見えになりました。その歯科医院はすでに閉院しており、あらゆる手を使ってそのインプラントのメーカーを突き止めました。
しかし、当時そのインプラントメーカーはすでに日本から撤退しており、歯を外すためのドライバーが入手できずに治療ができないという苦い思いをしました。
全国一律の保険診療と異なり、安価な自由診療にはそれなりの理由があります。
インプラントを含む自由診療は安易に誰でもできる治療ではありません。
やはり信頼のおけるメーカー・材料を使用し、かつ経験豊富で実績のある歯科医院を選ばれた方がよいです。

インプラントのデメリットについて

一般にデメリットは、治療費が高額であることがよく知られていますが、一番のデメリットはインプラントの除去は非常に困難だということです。
当院では、理想的な位置にインプラントを埋入するために事前にシミュレーションを行い、手術時はサージカルガイド(インプラントの位置を固定する手術用マウスピース)を併用することでそのリスクを最大限回避します。
インプラントを熟知した当院だからこそメリットではなくデメリットについて知っていただきたいのです。

予知性の高いインプラント治療を提供

前述したように、理想的な咬み合わせ位置でのインプラント埋入には、事前のシミュレーションが必要不可欠です。
当院では、撮影したCTデータと高性能なソフトを用いて綿密なシミュレーションを行います。
位置が決まったら、3Dプリンターからサージカルガイド(手術用マウスピース)を作製いたします。

当院で主に使用するインプラントについて

歴史が長く信頼度の高い、世界的メーカーの製品を使用しております。
その中でも、 ノーベル・バイオケア社は世界で最初に開発された「ブローネマルクタイプのインプラント」を作った世界No1と称されるインプラント会社です。 

他院でインプラントされた方

インプラントと一口に申しましても、今日まで30社以上の製品が日本でも流通しており、製品の特定が困難な場合があります。
Nobel・Straumann・AstraTech・Dentium etc…
当院では、他院でインプラント治療を受けられたあとでも、柔軟に対応いたします。 

またその際は、前医での資料等をお持ちいただけると幸いです。
私はNobel以外にもStraumann、POI、Dentiumなどの埋入経験がございます。

 恐怖心の強い方へ

当院では、手術時の不安や恐怖を軽減するために、鎮静法を併用して手術を受けていただくことも可能です。(別料金)
患者さまの全身状態を考慮し、静脈内鎮静法、笑気吸入鎮静法のどちらも対応できます。
お気軽にご相談ください。